メニュー

病院紹介

検査器機各種

解析心電計

コンピューターによる自動解析機能がありますので、迅速かつ適格な診断が可能です。

超音波

妊娠診断・腹部臓器疾患の診断・心臓疾患の診断などに使用します。

血液検査

白血球数・赤血球数・血小板数etcのほか、電解質測定、主要臓器機能診断のための生化学的検査を実施します。
検査結果は約20分ほどで全ての項目において結果が得られますので、迅速な治療が可能です。

画像診断(コンピューターレントゲン撮影・超音波)

CR(computed radiography)によるレントゲン撮影により精度の高い診断が短時間で実施可能です。また超音波診断の画像もレントゲン画像と一緒に一元化管理されるシステムを採用しており、全てのデジタル画像をモニター上で同時描写することで患者さまへの説明を分かり易くしています。

内視鏡

当院では消化管ファイバーと気管支ファイバーを備えております。
消化管や気管・気管支などの検査に用いるほか、食道や胃の中に異物が詰まってしまった場合、その異物の大きさや形状にもよりますが、お腹を切らないで摘出することが可能です。
写真は胃の中の異物を摘出しているところです。

麻酔モニター各種

麻酔器

麻酔は原則的に気管チューブを挿管しての吸入麻酔を行います。
麻酔剤はイソフルレンが主で、時にハロセンや笑気を使用します。
できる限り安全な麻酔を実施するために、カプノグラム・血圧・心電図・呼吸などをモニターをしながら万全を期しております。

手術時麻酔モニター

心電図・呼吸数・血圧・呼気中炭酸ガス濃度・血液酸素飽和度などがオールインワンのモニターシステムになっており、手術時の麻酔の際に最善の安全対策を取っています。

血圧計

麻酔中の動物の血圧を定時的に測定します。

心電図

麻酔中の心電図を測定します。

治療器機各種

炭酸ガスレーザー

外科手術に用いるレーザーメスです。
切開と止血が同時にでき、大きな腫瘍を摘出する際に、かなり手術時間を短縮することが可能です。
今までアプローチしにくかった口腔内の腫瘍などを摘出できるなど応用範囲は測り知れないくらい大きいものです。また体表面の小さなイボなどは局所麻酔下で数分で蒸散(焼き飛ばす)でき、痛みや腫れも最小限で済みます。

コールドレーザー

椎間板ヘルニアや関節炎などの痛みを緩和したり、傷の治癒を早める目的で使用します。
当院では理学療法に力を入れており、コールドレーザーの他、針治療(パルス療法)、リハビリ用ジェットバスなどを組み合わせて脊髄障害による半身麻痺などの治療を行っています。

歯科ユニット

当院では歯科治療にも力を入れております。
歯石除去はもちろん、歯内治療、コンポジットレジンを使用した光重合の治療も行っております。

その他、輸液ポンプ(自動点滴装置)、電気メス、針治療(パルス療法)、リハビリ用ジェットバスなど様々な医療器機があります。

診療時間

年中無休
完全予約制
(事前に電話予約してください)
[午前受付] 9:00~11:30
(日曜日は前日までに予約要)
[午後受付]13:00~18:30
(日曜日は午後休診)
夜間・緊急の場合は提携医院「TRVA夜間救急動物医療センター」まで

診療費お支払い方法

現金または各種クレジットカードおよびデビッドカード

動物医療保険

『アクサ』『いぬのきもち保険』『ねこのきもち保険』『アニコム』など

広尾動物病院4つの基本コンセプト
お電話はこちらから 03-3440-5595